「水と油」京都オリジナルブランドジュエリー




叶結び〔かのうむすび〕・・・叶結びとは古くから伝わる装飾結びの一つ、結びの表は漢字の口の字に見え、裏は十の地に見えるところからこのように呼ばれています。また、「よろず願い事が叶う」といわれ、お守り袋の結びにもされています。            

叶結び お守り

紐珠〔ひもだま〕・・・紐球は古くから何かを覆う、包むための結びです。大切な真心を包みます。


三崩し〔さんくずし〕・・・江戸時代、算木紋という計算道具が和算で用いられていました。その形を崩したような文様をしていることから「算崩し」とよばれ、だんだん「三崩し」に変化していきました。

計算道具が起源であるため金運上昇を意味します。

mizu+abura  水と油 京都ブランドジュエリー